2017-06

さらばキントレスキー

さらばキントレスキー


絵的には振り返ってた方がカッコいいんですが、キントレスキー殿らしさを追及して、こんな感じに。
無駄に色数使ってます。(笑)

テーマ:ふたりはプリキュアSplashStar - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

嗚呼、漢が独り逝く

自分の信ずる道を貫き、
決して卑怯な振る舞いもせず、
最後まで正々堂々と闘った漢、ここに逝く。

男は黙って背中で語る。
ありがとうキントレスキー。
私は決して貴方のことを忘れない。

漢の背中!
キントレスキーの様々な強さが伝わってくるように感じました。

私も彼の勇姿を忘れることはないでしょう。
もしまた会えるなら、今度は正義のヒーローとして会いたいかな…。

なかなか最近お目にかかれないような実直なキャラ、好きでした。
彼にはいろいろと教わるところもあったように思うのですが、
まさか最後に絵の描き方まで教わってしまうとは思いませんでした。(笑)

それが男の生きる道

ここまで威風堂々とした敵が過去に居ただろうか?
プリキュアだけに出ていたのが惜しいぐらいに思えてしょうがない。
最後まで自身の信念を貫いたキントレスキー閣下に敬意を表したい気持ちで一杯だ。
あなたは試合にこそ負けたが勝負に勝ったのである。
そう、信念を賭けた勝負に…。

本放送を見終えてから舞たん誕生日おめ画像が連想されたのだが…。
キントレスキー閣下を描き上げた創造主の心意気に天晴れと申し上げたい。
男という生き物は、強き漢に憧れを抱くものよのぉ。

ただ、その生き様が少女たちに伝わったかどうかは定かではない...。だが、そこがいい。

 敵方幹部にも色々いますが、彼の場合は「物理的な力、強さにこだわるタイプ」と「真っ向勝負型」のシンクロと言う感じでしたね。
 その辺は「心の強さ」を軸とする咲舞と好対照だった気がします。
 ゆえにあの二人とは相容れ切れなかったのかも知れませんが、それでもまた別の意味で…と言う所です。

 次週は再生幹部登場の様ですが、やはり彼もまた「クグツ」として出てしまうのでしょうか。だとすれば悪役サイドの宿命とは言え満薫が再度敵として出て来てしまう(本物・コピー問わず)以上の衝撃かも知れません。

>satoshisさん
 ついでにゴーヤーンが腹筋を鍛える様になったか否かも…(笑)

>かもラインさん
漢の背中、カッコよかったですね。
背中がカッコいいのが本物の漢。

>delcalcioさん
味方だったら味方だったで、ちょっとウザい可能性もありますが。
すごく頼りがいのある味方になるでしょうね。

>あげ玉うどんさん
命をかけた戦いに挑む前に、自分に教えられることを教えていく。
それが敵であろうと。それが本物の漢です。

>kiyokiyoさん
ちょっと変なおっさんという見方もできるのですが、変であっても、彼のカッコよさはびくともしません。
ちょっと泣けました。

>satoshisさん
ぜんぜん伝わってないような気もしますが、彼はそんなこと気にしてないでしょう。

>ATK51さん
キントレスキーは結局プリキュアの物理的な強さに負けたと思いながら逝ってしまったのでしょうか。
それも悲しいですね。

次回、あからさまに2Pカラーな上にゴーヤ印がついてる再生幹部。
それでも2人の活躍に期待してしまうのでした。

なんつーか、むしろ咲ちゃん舞ちゃんが悪役に見えてしまう
シチュエーションもありましたよねぇ。
そんなふうに見えてしまうのは、自分が年をと…
げふんげふん。

昔から、こういう敵キャラって、いましたよね。
私の場合、小さいころからそういうキャラに感情移入しちゃう人でした。

僕も11月19日のプリキュアの放送を見ました。
キントレスキーは本当にプリキュアシリーズの敵キャラの中では1番かっこいいキャラクターでした。
今回のイラストは勇ましい感じが出ているところがとても良いです。夕日っぽい背景もとても良いです。

勇ましさとカッコよさと潔さと。
漢として必要なものを兼ね備えてましたね。

ダンス見れない・・・。

ああ~、見ることができないんだ~!!キントレスキーのおっさんのエンディングのダンスは、私、本当に見たかったです・・・。

結局、キントレスキーだけエンディングに登場できないままでしたね。
かわいそう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kono1.blog60.fc2.com/tb.php/78-389a8dfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

kono1

Author:kono1
空気を読まずに描きたいものを描く、へっぽこお絵描き。基本は妄想で、根幹も妄想ですが、根底には愛があります。たぶん。

web拍手ボタンです

web拍手ボタン
web拍手のコメント欄にお名前(「匿名希望」や「名無し」なども可)を入れていただければ、次の記事で可能な限りお返事させていただきます。

最近の記事

月別アーカイブ

アクセスカウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

どききゅあオールスターズ by kono